auf dem Tisch

Your awesome Tagline

1.986 Anmerkungen

旧来マイナス思考と呼ばれた物のうち、心理学的にも有害と見なされているもの:

《全か無か思考》両極端な評価しかできない。完璧でないと認めない。
《破局的な見方》ちょっとしたことでも大きな災害にように大げさに考えてしまう。
《過度の一般化》一度かせいぜい数回程度の経験から、それが繰り返し起こると勝手に決め付けること。
《選択的抽出》一部の否定的情報だけを選び出して、他の情報は全く無視し勝手に物事を決め付けてしまう。
《ポジティブな側面の否認》成功しているのに、その中からわざわざダメな部分を探し出してくる。
《誇大視と極微視》物事を極端に誇張したり、逆に矮小化して捉える。双眼鏡的歪曲ともいう。
《感情的論法》物事が事実である証拠として自分の感情を引き合いに出してくる。
《「すべき」表現》”~すべき”“~しなければならない”と自分を駆り立てる。罪悪感で人を動機付けしようとする。
《レッテル貼り》誤りや不完全さを理由に、まるでそれがその人そのものであるかのように否定的な人間像を作り出すこと。
《自己関係付け》自分とは何の関係もない出来事を自分にとって意味があると考えること。
《独断的推論》事実と違う、あるいは全く事実無根の否定的な結論を独断的に引き出すこと。

以上のような、徹底的な分析と抽出により、あいまいさ・拡大解釈を排除している。
この概念があればマイナス思考という隙のある言葉は要らない。

http://lifehack2ch.livedoor.biz/archives/51088136.html (via loveyorilike) (via plasticdreams) (via burnworks) (via motomocomo) (via yellowblog) (via shortcutss) (via mc2-e) (via usaginobike)

548 Anmerkungen

父「日本がサッカーがあまり強くないのは日本にはサッカー文化がないからだ」
のぶ「蹴鞠の文化があるじゃん」
父「おぉ…」
母「蹴鞠はゴールない」

決定打が入らない理由
_人人人人人人人人人_
> 蹴鞠はゴールない <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

Twitter / knob3739 (via yasunao)

(via usaginobike)

367 Anmerkungen

情報というのは次の三つの条件を満たしていないと使い物にならないのよ。

 1、最新のもの。新しければ新しいほどよい。
 2、正確であること。誤った情報はむしろ有害。
 3、一次的であること。他の人の解釈などが入っていない直接の資料であること。

この三つを満たすのに、雑誌とネットではどちらが有利かはもう考える必要もなくわかることでしょ。

ニュース30over : 若い人たちが雑誌を読まずインターネットで情報を得ることで売り上げが落ちている・・・出版売り上げ、平成8年の3分の2に縮小 - ライブドアブログ (via plasticdreams)

(via usaginobike)

30 Anmerkungen

龐統は人物評価を好んで行なったが、その場合はいつもその人物を過大に評価をしていた。ある人にその理由を尋ねられた際、龐統は「現在天下は乱れ、正道は衰え、善人は少なく悪人は多い。褒め過ぎくらいの評価をして、名誉欲を満たしてやらなければ、善事を行なう者は増えないだろう。志ある者に希望を与え、努力させられるのだから、これもいいではないか」と答えている。
(via cametan-001)

(Quelle: Wikipedia, via usaginobike)